内向型・HSPのための道具箱
~情報「過」社会で、内向型・HSP向きの「戦略」をご紹介します~
メンタル

目次をマインドマップにしてみました!『こころを洗う技術』

こんにちは♪しゅはりんです。

あなたは今何か悩んでいることがありますか?

人間関係や仕事や進路のことなど、

なかなか人に相談しづらいこともあるかもしれません。

「悩み」を解消する上で参考になるおすすめの1冊があります。

私自身何か悩んでいた際に、悩みを解消する「何か」を身に着けることが大切なのではと考えてきました。

ただ、むしろあえて余計なことを手放すことが大切、ということに気付かせてくれる1冊です。

もし人に相談したり、本を読んだりしてもなかなか悩みが解消されないと感じていましたら、新たな視点を与えてくれると思います。

この本がお勧めな人

・最近疲れがたまっていると感じている人

・本やネットの情報を試してみても、いまいちしっくりくるものがないと感じている人

・心がモヤモヤすると感じている人

 

今回、目次をマインドマップにしてみました。

目次は本の骨格を知ることができるため、把握しながら読むことで内容を理解しやすくなると考えています。

記事の目次

スポンサーリンク

マインドマップ形式の目次

トラネコくん
トラネコくん
上のマインドマップはクリックすると、拡大表示されるよ!
シロネコくん
シロネコくん
右上から時計回りに見ていってね。

通常形式の目次

目次を通常形式でもご紹介します。

マインドマップ形式の目次と併せて見ていただければと思います。

はじめに

目次

CHAPTER 1 止める──日常の中で、心は動く。汚れる。重くなる。心を“止める”技術を身に付けよう。 STOP

心を洗えば、すべてが動き出す

スタートは「心が動くプロセスを知る」

気づいたときには、悩んでいる!

「クリーンな心」に人生の舵を切れ

心の無駄は、言葉で止める

特効薬は「ラベリング」

一日五分、心を止めてみる

悩みの正体は、たった三つの反応

○妄想──日常を一新したいなら、妄想を抜け出せ

○貪欲──歯止めをかけないと、心は渇き続ける

貪欲は心の病気

○怒り──無駄な反応の最たるもの、瞬時に停止しよう

三毒プラス「慢」にご用心

結局は「妄想を消せるか」次第

心を見つめるほど、強くなれる

心の履歴を振り返る

「心を止められる人」こそ自由自在

CHAPTER 2 削ぎ落とす──日々の反応は、塵や埃のように溜まっていく。心の汚れを巧みに落として、本来の力を取り戻せ。 SHAPE

いざ開始! メンタル・クリーニング

「心の根っこ」を知っていますか?

「最高の洗浄力」で人生をリフレッシュ!

「サティ」で心を磨けば、クリアに見え始める

手を使うサティ

呼吸を使うサティ

立つサティ

「ダブルの実践」が心に効く!

やるか、やらないか──やるしかない!

考え込む人は「体でほぐす」

吹っ切りたい人は「いっそ潔く認めてしまう」

「机をひと拭き」するだけで

心は生まれつきクリーンなもの

「わたしの人生は、ここで終わりではない」

CHAPTER 3 留まる──うかつに反応すれば、苦しみが流れ込んでくる。「自分の輪郭」に留まって、他者に振り回されないようにせよ。 STAY

心を漏らせば、力を失う

「自分の輪郭」と「妄想ゾーン」

「音が消える」まで待てるか?

「完全スルー」でストレスゼロ

厄介な相手に動じない「心の手順」

「関わりの基準」で自分を守る

「作業・時間・有益性」で絞り込む

本当に「関わる価値」はあるのか

あえて「誠実であれ」という基準

あとは流れていくだけでいい

CHAPTER 4 立て直す──動揺して、ときに崩れても、大丈夫。心は立て直せる。その方法がある。どんな状況にも狼狽えないタフな心を育てよう。 REBUILD

不本意な過去に負けてたまるか

「後悔」に効くクスリはただ一つ

「未練」を「ヤル気」に切り替える

方法を「作業ベース」で考える

「何も考えずに集中できる」レベルをめざせ

「期限切れの夢」はキッパリ捨てる

「失敗した!」から直ちに立ち上がる方法

失敗直後は、これだけでいい ─

失敗した人が選べる「二つのコース」

最高の人間関係は「理解して励ます」

悩んでいる人が最初に犯す意外な過ち

思い込みを解除する

心は「判断されたくない!」

「上から目線」は最悪の判断

「相手にとって」を最初に考える

向き合い方は「ダウン型」か「アッパー型」

前を向いて家路につけるか

CHAPTER 5 越える──理解する力が、現実を「ただの課題」に変える。悩みは、一生抱えるものではない。理解して越えていくものだ。 OVERCOME

「見えない心の重力」を越えてゆけ

“業”というダークサイド

「心を縛りつける力」の正体

理屈を追うな、心を変えよ

「心のクセ」と決別しよう

業をラベリングする

代表的な業(心のクセ)のタイプ

前に進むために「一日を振り返る」

足を引っ張っているのは「親の業」?

親の業から脱出する4つのステップ

「距離を置く」ことをためらわない

大丈夫、もう恐いものはない

この世界の「毒」に染まらない

新しい「心の使い方」に目覚めよう

この三つを克服できれば本領発揮!

大いなる目標「智慧の完成」をめざす

洗いたての心を作る「二つの知性」

理解する心は、苦しまない

「正しい思考」で突き進め

「自分も幸せ、人も幸せ」を願えるように

「人生最高の価値」を明確にしよう

自分の価値を自分で決めるな

外の世界は関係ないのだ!

執着していい。但し──

苦しいときは「思考が間違っている」と考える

「今日この日に快がある」

ここからは、クリーンな心でいこう!

奥付

スポンサーリンク

まとめ

もし目次を見て内容に興味を持たれましたら、ぜひ読んでみることをおすすめします。

マインドマップ形式の目次で全体像を意識しながら、読んでみてください♪

 

一度読んだ本も、内容を定期的に思い出すことで記憶に定着しやすくなります。

マインドマップ形式の目次は、通常形式の目次よりも気軽に思い出しやすいと考えています。

マインドマップ形式と通常形式の目次の双方を活用していただければと思います。

ミケネコくん
ミケネコくん
自分で本の内容をマインドマップにまとめてみるのもおすすめだよ~

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク